安田善吉の戦争

五ヶ瀬川に避難
(延岡大空襲の日)昭和20年6月29日

深夜、焼夷弾が落ちはじめると、各家庭ごと五ヶ瀬川の流れをめざして逃げ出した。


五ヶ瀬川の流れの中で
昭和20年6月29日

布団をかぶって、父と姉と3人で川の流れの中に数時間。まわりは油の塊が燃えながら流れていく。母と、母におんぶされている妹は途中ではぐれたが、朝になって合流できた。


アスファルト(道路)のぬかるみ
昭和20年6月29日

焼け落ちたわが家を見るために、川から上がって道路に出たとたん、アスファルトの道路は熱で溶けて、裸足の足が歩くごとに、グニュッと食い込んだ。


防空壕に逃げ込んだら、近くに爆弾が落ちて

祇園町の親戚の家で暮らしていた時、空襲警報になり、祇園町通りに面した所にあった防空壕に避難した。その途端、100メートル離れた本多屋旅館に爆弾が落ち、壁は落ち、ものすごい土煙を浴びた。恐怖の一瞬であった。


機銃掃射
昭和20年

焼け出されて大武町に避難していた。白昼のんびり畑で遊んでいたら、いきなり轟音をたてて飛んできた米機から機銃掃射を受け、畑に掘ってあった〝たこつぼ〟に飛び込んだ。米兵の顔も見えるくらいの低空飛行であった。