スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レポート】2019/09/08神崎直美さん講演会「充真院著『五十三次ねむりの合の手』の魅力」

レポート

延岡藩主・内藤政順の妻、充真院について研究している城西大学教授の神崎直美さん(神奈川県在住)の講演会「充真院著『五十三次ねむりの合の手』の魅力」が2019年9月8日に開かれました。
その様子を動画でお届けします。

2019/09/08神崎直美さん講演会「充真院著『五十三次ねむりの合の手』の魅力」前半
2019/09/08神崎直美さん講演会「充真院著『五十三次ねむりの合の手』の魅力」後半

21世紀をひらく~歴史と文化の再発見シリーズ
延岡市教育委員会アラカルトセミナー
■主催/延岡市教育委員会 旭化成ひむか文化財団 夕刊デイリー新聞社

神崎直美さん

神奈川県相模原市生まれ。中央大学文学部史学科国史学専攻卒業。中央大学大学院文学研究科博士前期課程修了、及び後期課程満期退学。中央大学より博士(史学)授与。城西大学経済学部教授。専門は日本近世史・日本法制史。近年の研究テーマは諸藩の藩法と刑事政策、大名家の生活・文化。
著作に幕末大名夫人の知的好奇心―日向国延岡藩内藤充真院(岩田書院)がある。

加古万里子さん(朗読)

フリーナレーター・声優。
愛知県知多市在住。大阪芸術大学芸術学部放送学科アナウンスコース卒業。大学在学中に教授平野啓子氏と出会い「語り」に魅力を感じ、平野氏の教えを受けながら数多くの文学作品を語る。
充真院について強い関心を持ち、充真院の旅日記や随筆集など著作の朗読に取り組んでいる。

神崎直美さん関連記事 > 加古万里子さん関連記事 >
タイトルとURLをコピーしました